大手広告代理店の平均年収は1000万円超えって本当?

大手広告代理店の収入源について

大手広告代理店主な収入源は、広告作成を依頼した企業側によって支払われる物になっています。

大手広告代理店の場合は、広告作成依頼をする側の企業にも大手企業が存在している事も多く、そこから支払われる依頼料も膨大な物になるため高収入な職業として有名になっています。

大手広告代理店の業務とは

広告代理店は自分で広告の制作環境を持つことはないため、制作依頼を作成できるクリエイターやデザイナーに仲介してから制作料を払うため、一つの仕事に対してあまり高い利益を得られる職業ではありません。

しかし近年では、広告媒体の形態も紙面からインターネットに至るまで様々なタイプが存在し、広告の掲載方法によっては莫大な利益を得る事も可能になっているため大手広告代理店の様に優秀なクリエイターやデザイナーを抱えている現場の中には1000万円を超える高収入の人もいます。


優秀なクリエイターやデザイナーに数多く依頼する事ができれば、一回の仕事の利益は低くとも数多くの仕事を請け負う事ができるので高収入になります。

ここまで大手広告代理店の収入が高収入になる理由には、企業を維持するための維持費用が掛からないという点も要因の一つになっています。


大手広告代理店の場合は広告を作成する制作環境を用意するのではなく、仕事を仲介しているだけなので一般の企業と比較しても商品の在庫を抱えてしまうという事もありませんし、売り切れによる機会ロスもありません。

なので自社で契約しているクリエイターやデザイナーの方が多ければ多い程仕事の数を増やす事もできますし、仕事を仲介するだけなので広告媒体を作るための高額な道具も必要ありません。


このおかげで、大手広告代理店で働いている人の多くの収入は1000万円を超える事も多くなっています。

この他にも大手広告代理店が高収入な理由は、仕事の継続性にも原因が隠されており、仕事を仲介しているという立場上、仲介するための人脈が必要になってきます。


信頼のおける広告代理店であれば、広告作成を依頼する立場のクライアントは頻繁に仕事の仲介を依頼するようになり、それと比例して広告代理店の収入も高くなっていきます。



まとめ

以上より、信頼という要素が広告代理店の収入源といっても過言ではなく、高収入を獲得している大手広告代理店に限っては頻繁に営業に向かい、担当者とのミーティング等のコミュニケーション能力を活かして仕事を獲得してきています。


制作を依頼する立場からも、頻繁にコミュニケーションを取っている方であれば、自然と仕事を依頼したくなるので、多くの出資を行い大手広告代理店に仕事を依頼するという関係性になり1000万円を超える高額収入となります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です