大手広告代理店の月の残業時間はどうなっている?

大手広告代理店は、一般的には高収入な仕事として認知されています。
実際、他の仕事に比べると平均年収は高く、30代のうちから年収が1000万円に達するという方もいます。

大手広告代理店にも複数の企業がありますが、上位の2社は、平均年収の時点で1000万円を超えています。
そのため、たくさんのお金を稼ぎたい、若いうちから1000万円以上の年収を得たいと考えているのであれば、大手広告代理店は魅力的な仕事といえるでしょう。

大手広告代理店の具体的な仕事内容は、広告を出すことです。
依頼者から広告制作の依頼を受けて、それを基に企画を行って広告を出すことになります。

また、テレビCMの場合は、大手広告代理店の方があらかじめ枠をとっておき、それを企業に売る、ということを行います。
このように、広告代理店は広告を制作したり、メディアと企業の仲介役をしたりするなど、広告業界においては重要な役割を担っています。

広告やメディアは、現代社会においては重要な地位を占めていますので、広告代理店を利用する企業も多くなっています。

このような特徴を持つ大手広告代理店に努める人は、社会的ステータスも高く高収入です。
しかし、その分仕事も大変です。

残業時間が多く、月に100時間を超えることも珍しくありません。
そのため、働きたいと考える方は、自分がついていけるかどうかを考えて選んだほうが無難であるといえます。

最近は残業時間が多いことが社会問題になりつつあるので、大手広告代理店も、残業を減らす傾向にあります。
しかしそれでも、広告代理店の仕事は忙しく、広告制作の期限前などにはどうしても残業をしなければ、仕事を終わらすことができないので、激務であると考えて問題ないです。

大手求人サイト運営会社のデータによると、広告業界の残業時間がトップになっていることからも、このことは明白です。

残業時間が月100時間を超えることが当たり前となっている業界であるため、過労死が社会問題になっても意外と思っていない人も多いようです。
それくらい、激務な仕事です。

年収の高さの対価として、仕事時間は確保しなければならないということになります。
終電後も仕事をし続けたり、休日出勤をしたりすることも常態化しています。

中には、会社の処理場は帰宅、としておいて、自主的に残業を行っているケースもあります。
これが当たり前とされている業界なので、体力がない人はついていけないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です