大学病院勤務の医師の平均年収は?

大学時代から研修医までの経緯

医学部で6年間、勉強漬けの毎日を送り、医師国家試験に合格すると晴れて医師免許を手にすることができます。

医師となった1年目はまだ、「研修医」と言う立場で、色々な診療科を一通り回ります。

現在は研修医であってもきちんと身分は保証されていて、給料も充分に生活できる金額を支給されます。

研修医1年目の年収は、600万円前後という所が多いです。

これに当直のバイト代などを加えると800万円と言う医師もいます。

医学部を卒業して3年目や4年目でバイト代込みで800万~1200万円くらいになります。

バイトは、外勤とも言われていて、関連病院の外来診察を行うこともあります。

本来の勤務に支障が出ない範囲と言うことで、午前を1コマ、午後を1コマとして週に3コマいないという大学が多いです。

相場は1時間1万円と言われていますので、高収入と言えるでしょう。

大学病院の講師の年収は?

大学病院の講師くらいになってくると年収はバイト抜きで800万円程度となります。

このころになると、医学雑誌などの執筆料も入ってくるし、講演料も入ってくるでしょう。

また関連病院での外勤も行っているので、1000万円以上は稼いでいるので、世間で言われるように、確かに高収入と言っても良いでしょう。

しかし、高収入を稼げるものの、このころは一番忙しい時期でもあります。

講師くらいになると医局長や病棟医長などを任されますので、仕事も増えてきます。

医師ではなくてもできる類の仕事もたくさんあります。

大学は診療だけではなく、診療・研究・教育の3本柱です。

講師以上の場合

講師以上になると、医学生や大学院生への講義やテストの作成、医学部の学生への入局説明会や見学会(会社説明会の病院版)などの仕事もあります。

中には、医学部のクラブ活動の顧問となる医師もいます。

教授、准教授の場合

准教授や教授となると、1100万円~1400万円くらいの年収となります。

しかし、診察だけではなく教授会やら学会やらで、忙しさは一般サラリーマンの比ではないでしょう。

大学病院では、1か月の残業時間が100時間を超えるなどは日常茶飯事です。

100時間程度の残業で済むのなら楽だと言われています。

高収入とは言え、時給に換算すると一般サラリーマンと大して変わらないとも言われています。

そして、何よりも責任の重さもあります。

近年はクレーマー患者も多くなりました。

暴力を振るわれたことがあるという医師が4割ほどいる、というデータもあります。

医療訴訟を経験している医師は、約10%です。

また、燃え尽き症候群に陥る脳外科医は41%もいます。

サラリーマンで燃え尽き症候群になる人は27.1%なので明らにおいことが判ります。

これらの統計より、高収入とは言え、激務なのが大学病院の医師の世界です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です