医者の平均年収は?

医者の全般的な年収について

厚生労働省の「医療経済実態調査」によると、2012年度の病院勤務の医師の平均年収は1590万円、開業医の平均年収は2787万円でした。

一般的には、病院が大きくなるほど年収は少なくなると言われています。

医学生が晴れて国家試験に合格して研修医となった場合、1年目の年収はバイト代込みで500万円~800万円と言われています。

その後、一般病院に勤務した場合、専門医取得後10年目で1500~1800万円程度です。

病棟医長や外来医長程度の役職が付いている医師も多いでしょう。

大学病院の場合は講師程度の位置にいることが多く、講師で800万円ほどです。

ドラマの「白い巨塔」では、財前先生が教授を目指していましたが、近年では教授を目指したがらない医師が増えています。

講師程度で大学を辞めて、民間総合病院の部長になったり開業したりと言うケースが増えている傾向がうかがえます。

民間総合病院の部長になった場合は、1200万円前後の年収になるでしょう。

院長なら2000万円を超えることもあります。

一方の大学教授の場合は1200~1400万円程度と言われています。

しかし、これらは病院からもらった金額のみです。

多くの医師は、雑誌や医学専門書に執筆していますのでその執筆料が入ります。

また開業医を集めての講演会や薬剤師への貢献会などで講演料が入ります。

講演料や原稿料は1回5万~30万くらいといったところです。

これらをみると、かなりの高収入だと思うでしょう。

しかし総合病院の中には、ブラック企業よりも過酷な勤務をしている病院も少なくありません。

「1か月の残業が100時間なら楽な方だ」とよく言われます。

子供が生まれて育児休暇中の女医さんが

「3時間も連続で眠れるなんて、なんて幸せなんだろう。育休を取ってから肌の調子もすごく良いわ」

と言って、ものすごくひかれたという話もあります。

診療科にもよりますが、重症患者さんが多い時は3日も4日も家に帰れない、ということも少なくありません。

お正月も患者さんのことが気になるから、初詣の帰りにちょっと病院へ寄って患者さんの様子を見に行ったら、そのまま夜中まで帰宅できなかった、といったことも珍しくありません。

3日続けて休むと、患者さんの様子が全然変わっていて、不在だった3日間の状態を把握するのが大変なので、1日1回は様子を見に行く、という医師も少なくありません。

まともな食事ができるのは、学会の後の打ち上げや忘年会や新年会や送別会、歓迎会のときだけという医師もいます。

高収入ではあるものの、時給に換算するとコンビニの店員とたいして変わらなかった、ともよく言われます。

楽で高収入な職業など、やはりないのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です