大手広告代理店の営業職の給料は高いの?

広告代理店の営業について

大手広告代理店の営業職は、比較的給料は高いものです。

年齢を問わずに、平均で年収は550万円から670万円ほどとなります。

ネット広告系の代理店であれば上記の金額となりますが、昔からある大手広告代理店ともなれば、年収は1000万円を超えています。

ではなぜ、それだけ高収入が稼げるのでしょうか?

高収入が稼げる理由とは

これだけ高収入が得られるには、当然それなりの理由があります。

まず、大手広告代理店は結果を求められるということが挙げられます。

クライアントの業績を向上させるような広告プランを提案することが必要になるというわけです。

そのためには念入りなリサーチが必要ですし、ターゲットの明確化や広告手段の根拠を示す必要もあります。

そして何よりも高い広告費用を支払うに値する結果を出すことが求められます。

それが実績として出れば、評価されるのが営業職の仕事というわけです。

当然ながら結果を出さなければ報酬は得られませんし、会社からの扱いもそれなりになります。

つまり高収入を得るために、常にプレッシャーに晒されるというわけです。

それでも仕事が続くのは、給料の高さももちろん理由です。

けれども仕事への取り組みがそのまま成果となって現れるやり甲斐にあるようです。

さらに結果を出す度に自身のスキルが高まり、それが次の仕事に役立つという達成感を味わえることもあります。

大手広告代理店の営業職は確かに厳しいものですが、その分得られるものも大きいというわけです。

そしてそれが高収入につながるということです。

つまり目的はあくまでも自分自身の向上であって、収入はその結果であると考える人が長続きしている傾向が見られます。

単純に給料の高さをモチベーションに取り組んでいても、なかなか成果は出ないということです。

これは自分の仕事を振り返るということをしないのも理由となります。

成果を出せる人は常に自分の反省点を洗い出して、次に生かせるように工夫しています。

なかなか成果が出ない人は怒られることに意識が集中して、自分が何をすべきかを自分で考えられないタイプが多いようです。

つまり自立心がなければ大手広告代理店では務まりませんし、当然高収入を得ることもできません。

自立心を持って自分を常に向上させる人は、最初は怒られてばかりであっても次第に成果を出して報酬も得られるようになっています。

その結果、クライアントの要望をきっちりと理解した上でどんなリサーチをすれば良いのか、どのターゲット層にはどんなアプローチが適するのかを自分なりにデータ化できるというわけです。

もちろん世の中の流れも常に取り入れて軌道修正することも忘れてはいません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です