大手広告代理店の20代の年収は?

大手広告代理店の職は様々な種類がある

大手広告代理店の仕事は、営業職もしくは広告作成職に大きく分けられます。

営業職は、クライアントとのパイプ役となり、要望などを受け入れながら、共に良い広告案を練っていきます。

広告作成職は、CM、ポスター、インターネットなど、様々なメディアとのパイプ役となり、広告を作ります。

また、制作会社に作成の指示なども行います。大手企業、印刷会社、デザイナー、コピーライター、カメラマンなど、様々な業種との関りがあります。

マーケティングスキルや、人脈、コミュニケーション能力が必要とされます。

大手広告代理店に勤める人の給料事情

大手広告代理店の給料は、高収入であるというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

広告代理店の平均給与は、38.1万円となっていますが、大手広告代理店の場合は、もう少し収入のアップが見込めそうです。

特に、20代の平均給与は27万円であり、民間企業の20代の平均給与23万円よりも高収入であることが分かりました。

初任給は、20万円前後である会社が多いようです。

また、30代は35万円、40代は43万円と、年齢と共に給与も大きく上がっていく傾向がみられました。

経験やスキルなどによって左右されるため、本人の頑張りによって高収入を目指せる職種です。

大手広告代理店で働く社員の1日の仕事スケジュール

大手広告代理店の1日の仕事スケジュールの例を見てみましょう。

出社すると、まずはメールのチェックを行います。クライアントや他の部署などからのメールに対応します。

他の部署と、クライアントからの要望に対する解決策などを話し合ったり、上司や同僚とのミーティングを行います。

経験や企業の性格、その他のスキルを活かしながら、クライアントの満足するようなアドバイスを提示します。

昼休憩は時間通りに行うことが出来ます。

この時は仕事を忘れて体を休め、エネルギーの補給に努めましょう。

午後からは、ミーティングの結果報告や、クライアントとの打ち合わせなどを行いつつ、様々なタスクをこなしていきます。

途中、他の部署からの依頼や相談などもあり、午後は忙しくなることが多いようです。

定時通りに帰られることは少なく、20時や21時に帰宅するという社員が多いようです。

また、飲みに誘われるなどアフターに予定が入ることも多々ありますから、帰宅は遅くなりそうですね。

1日の流れを紹介しましたが、多忙と感じる方が多いかと思います。

しかし、上記に示した通り、高収入であること、企画が成功に終わったときの達成感など、やりがいを感じる方が多いのも事実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です