広告業界の年収相場は?大手広告代理店の年収は?

広告業界の年収について

広告業界の仕事は激務として知られています。

そしてそれに見合うだけの高収入を得ることが出来る点は、魅力の一つです。

広告業界の年収相場は他の業界と比べて高く、また大手広告代理店になるとさらに高収入を得られるのです。

広告業界の平均年収は約500万円から600万円です。

この金額だけを見るとイメージと比べて意外と少ないと感じますが、それはあくまで平均だからです。

広告業界は知名度が高い大手広告代理店だけではなく、中小の広告代理店もあり、さらに総合職と一般職、技術職によって金額の多寡があります。

その全てを平均すると約500万円から600万円になるのです。

年齢別の相場では、20代前半は他の業界と大きな違いは無く、平均年収は300万円台後半です。

20代後半になると年収は約100万円上がって400万円台後半になり、人によっては500万円を超えます。

さらに30代前半になると、主任になる人も出てきて平均年収は600万円に近づき、40代に達する頃には平均年収が約650万円になるのです。

また、50代になると平均年収は約800万円になり、課長や部長など役職が付くと1000万円にも到達するのです。

大手広告代理店の平均年収は?

一方で、大手広告代理店に限定すると平均年収は跳ね上がります。

広告業界の平均に200万円から300万円以上を上乗せした金額が年収となり、平均年収は約1000万円です。

平均年収がこれだけ高い企業は珍しく、給料は歩合制ではないため、外資系企業のように20代で数千万円を稼ぐという突出した人はいません。

平均年収でこれだけの高収入を得られることに加えて雇用が安定しているということは、大手広告代理店に勤める大きなメリットだと言えます。

大手広告代理店の場合、さすがに20代前半で年収1000万円を稼ぐ人はいませんが、20代後半では優秀な営業マンのなかには年収1000万円の大台に乗る人も出てきます。

主任や主査といった肩書きが付けば1100万円から1200万円になり、一般的な社員でも30代のうちに年収1000万円に到達します。

40代になると年収1400万円から1500万円を稼ぎ出すようになりますが、50代以降は個人によって大きく異なります。

なぜなら、大手広告大店の仕事は激務で、50歳を前に退職する人や閑職につく人、逆に課長や部長に加えてその上の役職に就く人もいて平均を出しづらいからです。

役職が付けば年収の相場は2000万円に達しますが、若い頃から結果を出し続けてきた一握りの人だけが到達する領域です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です