YouTuberはどうやって稼いでいる?

なりたい職業で選ばれる理由

子供たちがなりたい職業として初の上位にランクインしたのがYouTuberです。

ランクインした理由の一つとして、世界中のYouTuberと呼ばれる人間たちの多くは一般企業に就職した人間たちよりも多くの高収入を得ていることが分かったからです。

またそのような理由は、YouTuberという名前が世間に広まった背景にある無料動画共有サイトであるYouTubeの仕組みが大きく関係しています。

無料動画共有サイトであるYouTubeの動画の多くは、YouTubeもしくはグーグルといったアカウントサービスに登録した後にログインしてパソコン内部にデータとして取り込んでいる映像をmp3変換などを行いダウンロードして発信します。

そしてYouTubeは無料動画配信サイトであり公益法人あるため、その無料配信を維持するために運営資金はアップロードの量を増やせるなどの特典を与えるプレミアムサービスとして個人と契約するか企業と提携して広告タグを張らせてもらう代わりの広告料を受け取って運営をしています。

YouTuberが高収入の秘訣

YouTuberの高収入の秘密は後者の企業と提携して広告タグを張らせてもらう代わりの広告料を受け取るという部分です。

YouTuberがYouTuberに動画を配信すると、最初の段階では配信したとしても見てくれる人数が少ないため、ただアップロードしただけの動画となります。

高収入の条件はアップロードした動画が有害なものではなく、誰もが見た人を笑顔にする動画であるという条件を満たしているうえで、その動画を見ている人を意味する動画再生回数が1万人を超え始めた段階からです。

動画再生回数が1万人を超え始めると、企業側からすればその動画を発信している人と提携をすれば自身の企業の商品を広めることに役に立ちます。

そこでYouTubeに依頼してその動画サイトに独自の広告料を出して、その広告料の半分はYouTubeが得ますが残りの半分をその動画を配信したYouTuberに配分される仕組みになります。

そのため世界中で配信することによって様々な企業がその動画サイトにアクセスして商品の広告をすればするほど、そのYouTubeと動画配信している人にたいして広告料が入る仕組みになっていることが高収入の背景になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です